ゆびのすきまをすりぬけるのは 、
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
かみさま 、おねがい 。
2009年05月15日(金) 20:52
バベル スタンダードエディション [DVD]バベル スタンダードエディション [DVD]
(2007/11/02)
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッサ

商品詳細を見る


BABEL 2006年 アメリカ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ / 監督・製作・原案
スティーヴ・ゴリン
ジョン・キリク / 制作
ギレルモ・アリアガ / 脚本
グスターボ・サンタオラヤ / 音楽
ロドリゴ・プリエト / 撮影
ダグラス・クライズ
スティーヴン・ミリオン / 編集
ブリジット・ブロシュ / 美術
ブラッド・ピット / モロッコ観光客 リチャード
ケイト・ブランシェット / リチャードの妻 スーザン
バブカ・エイ・エル・ケイド / 誤ってスーザンを打ってしまった遊牧民兄弟の弟 ユシフ
サイード・タチャーニ / ユシフの兄 アーメッド
菊池凛子 / 聾唖の少女 チエコ
役所広司 / チエコの父親 ヤスジロウ
アドリアナ・バラッザ / リチャード・スーザン夫婦に雇われているベビーシッター アメリア
ガエル・ガルシア・ベルナル / 国境を強行突破してしまうアメリアの甥 サンチャゴ
エル・ファニング / リチャード・スーザン夫婦の長女 デビー
二階堂智 / 刑事 ケンジ

映画 『BABEL』 公式HP
wikipedia 映画 バベル


久しぶりに映画見たっ。
ニナの中で映画ブームが再び到来して来た。

そして、バベル。
ずっと見たいと思っててやっと見た。

モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本、4つの国を舞台に生まれた孤独な物語。

つながりたい、つながれない。
わかりたい、わからない。
どこにいても埋まらない孤独。
なにをしても充実しない不満。
だれにも必要とされていないような恐怖。

あたしたちを引き裂くものは、本当に「言葉」だけなのか。


なんか、いろいろサイト見てると手厳しい評価も受けてるみただけど、ニナは好きだな。
映画の理論的な話はわからないからかもしれないけど、わかりやすくせつなくていいと思う。笑
ばらばらなようで、少しずつ繋がってるかんじもいいし。
あと、やっぱ音楽がいいな。すごい合ってる。

それと、映画公開時に話題になってた菊池凛子をはじめて見た。
不思議な魅力がある人だ。
特別な美人ってわけではないと思うんだけど、存在感がすごい。
惹きつけられる。
女優になるために生まれてきた人ってかんじがする。
彼女の他の作品も見てみたいな。


こういうのをもっと見たいんだよなあ。
社会を伐ってる、みたいな。笑
サスペンスとか。
ラブストーリー系はしばらくいいやって思ってるのに、レンタルショップいくとそんなのばっかピックアップされてて、世の中みんな恋愛中心にまわってるってことか。
そっかそっか。笑
スポンサーサイト
別窓 | film | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| こぼれおちる 記憶のかけらとあいのうた 。 |

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。